英傑群像 三国志ポータル 三國志情報とグッズ

三国志における諸子百家


三国志において、道徳心や信義の考え、判官びいきの心理は、我々日本人にも理解出る部分も多いですが、時に過激すぎて理解できないことも一部あったりします。

武将たちの思想の原点というべきものは、紀元前、中国戦国春秋時期に現れた【諸子百家】という思想に起因する部分があります。

三国志における諸子百家と関係ありそうな部分をピックアップしてみました!

(その他ございましたらぜひ教えて下さい!随時追記していきます!)

英傑群像 岡本


◆ 三国志における「諸子百家」的事項 ◆
 
英傑群像調べ

(三国志演義も、正史三国志も両方含みます)
※ここでは事実かどうかについては考察しません。

@関羽が『春秋左氏伝』を傍らにおいて常に読んで暗記していた。
  春秋時代の年表であるが、孔子の思想が盛り込まれているとされる。
 
  → 『春秋左氏伝』とは
     歴史書『春秋』を、注釈した書物の1つ
 
  → 『春秋』とは
     孔子(こうし)編纂といわれる魯の歴史書
   
  魏・晋の武将 杜預(とよ)も『春秋左氏伝』を愛読した。注釈もつくっている。

A曹操は反儒学派?!
 
  合理主義・実力主義から反儒学に傾倒するも、法家主義一辺倒でなく柔軟であった。

B諸葛孔明は法を順守して政治を行った
  
  「泣いて馬謖を斬る」でもわかるように法を厳守(法家思想)を取り入れた政治家であった。
  三国志演義においていえば、劉備存命時は法家的孔明と儒家的劉備のバランスがうまく
  取れていたといえるかもしれない。

  →華容道で関羽が曹操を見逃した点を、孔明は関羽を処罰しようとしたが、 劉備は仁徳で
    それをとりなした。

  →劉備亡きあと、馬謖の失敗を孔明は厳罰に処して処刑した。結果、貴重な人材を失うことに
    なる。劉備が存命だったどうだっただろうか。

C孔融は孔子の子孫?
 
  後漢の群雄、孔融は孔子の子孫・第20代目。長い間ずっと「孔子の子孫」は優遇され続けて
  きた歴史がある。曹操にも物怖じせず意見をいったのはそのためかもしれない。
  結果、曹操に処罰される。

  その他、信ぴょう性が低いかもしれないが、
  
荀ケは荀子の子孫、 孫権は孫子の子孫などといわれる。

D事件:趙雲は縁談があったが同じ姓のものであったことで怒った。
 
  同姓不婚(どうせいふこん)は、同姓の者を一族でなくても同等とみなし、その者との結婚を
  禁止したり、忌み嫌う中国の制度。(儒学思想の影響)

E事件:徐庶は母を助けるべく劉備の元をさり魏へ。さらに母の死を知って長く喪に服した。
 
 後漢時代、優秀な人達は『論語』『孝経』『詩』『書』『春秋』『易』『礼』など儒学の教育をうけて
 いたとされ 儒学的な思想を正義とする風潮があったため。親孝行を重んじた。
 しかし、この時代かなり人により儒家的思想に幅がある。Fを参照

F事件:姜維は魏の領土にいる母からの帰郷の誘いを断り、国に殉じる道を選ぶ(民間伝承)

 後漢時代、優秀な人達は『論語』『孝経』『詩』『書』『春秋』『易』『礼』など儒学の教育をうけて
 いたとされ 儒学的な思想を正義とする風潮があったため。親孝行を重んじた。
 しかし、この時代かなり人により儒家的思想に幅がある。
 儒教では主君に対する「忠」より、親に対する「孝」が優先されるが、それを利用した
 魏の策略であると姜維は看破したのかもしれない。それを理解しながら「孝」を優先した
 徐庶とは正反対の対応である。

G事件:荀ケは曹操の儒家排除の動きに異を唱え憤死(おそらく自殺)
 
 後漢時代、優秀な人達は『論語』『孝経』『詩』『書』『春秋』『易』『礼』など儒学の教育をうけて
 いたとされ 儒学的な思想を正義とする風潮があった。「孝廉」という儒学知識人が主に
 推挙されて官僚になる制度があった。それらの人からすると曹操の政策と徐々に立場が
 異なることになったのかも
しれない。

H曹操は「孫子の兵法」をまとめた。
 
 現代に残る「孫子の兵法」は、曹操が注釈をつけ分類し、部下の教育用としたもの。

I劉備は劉禅に遺言として読むべき書を示した。
 
 劉備は、子の劉禅に”諸子百家” と 『漢書』『礼記』『六韜』『商君書』を薦めた。

Jケ艾、吃音を司馬昭にからかわれるが論語を引用して対抗した。
 
 三国武将にとって『論語』は基本的知識。しかし、それをすぐに引用してつかえるケ艾はすごい

K事件:陳宮は、曹操が呂伯奢殺害時、曹操の元を去る
 
 陳宮は「罪なき人を殺すのは不義」といっている。儒学の考え

L趙雲、公孫サンの元を兄の喪に服すとして去った。

 喪に服すのは儒学の考え

M太史慈は、孔融が母の面倒を見てくれた恩義を感じ孔融を助けにきた。

 孝(親孝行)を良しとする考えおよび恩義については東西を問わず多い。

N曹操、父を殺され、仇討ちを実施

 儒学の影響で、親の仇討ちを行うことは孝であり善であるとされた。

P-1 王累、城門にぶら下がり劉璋に忠言するも聞き入れられず、紐を斬って自害

P-2 典韋、許チョ、曹洪、祖茂、周泰らはピンチの際、身を呈して主君を逃した。

P-3 関羽、ホウ徳、張任、高順らは、主君を重んじ降伏を潔しとせず殺害された 

    忠・義は、共に儒学における重要な徳目である。

Q曹操は、亡き後質素に祀るように指示した<薄葬礼>

 儒教では、墓を豪華にするのが習わし。それらの慣例に対抗した行い。

R魏の王弼(おうひつ)、何晏(かあん)により流行した学風「玄学」

 道家の老荘思想と「易」(占いの書)が融合して儒学を理解しようとする学問。
 三玄の学ともいう。
 ちなみに、何晏は司馬懿を名誉職の太傅にして兵権を奪った人物。曹爽の腹心
 『三国志演義』で、管輅(かんろ)に血の気がうせ精気がなく”死人”といわれた。


 

★三国時代の儒家
 

鄭玄、 蔡ヨウ、 趙曄、 衛宏、 仲長統、 何休、 服虔、 何晏、 王弼
王粛、 ショウ周、 虞翻、 文立、 徐苗、杜夷、 杜預


簡単<諸子百家入門>はこちら

日本人の心の原点グッズを大事な人に
プレゼントなんていかがですか?

 
諸子百家グッズサイト「英傑諸子百家」はこちら

 


英傑群像サイト内 関連リンク

 三国志入門            ◎三国志の戦さ入門        ◎三国志の読み方(中級)

 ◎武将紹介             ◎三国志を作る(武将紹介2)   ◎徒然三国志(中級)

 ◎三国志名言・格言・ことわざ  ◎出師の表入門           ◎三国志年表

 ◎英傑群像メールマガジン    ◎三国志ブログ


英傑群像は現代に生かす三国志を10年来、実践中!

英傑群像が運営・企画する

三国志グッズショップ「英傑群像」サイトはこちら

 

三国志情報・三国志グッズ 英傑群像 Copright(C) 2000-2015 英傑群像. All Rights Reserved.
推奨閲覧環境:このホームページはインターネットエクスプローラー4.0以上でご覧になる事をお勧めいたします。
著作権について:サイト内の情報や画像データなどの無断転用を一切禁じます。
英傑群像トップ三国志における諸子百家