英傑群像 三国志ポータル 三國志情報とグッズ

三国志・ 三國志の基礎知識
三国志入門 


 
三国志演義(物語)を知らない方、また知っているがもう一度整理して知りたい
方のために三国志とは何か? 三国志の魅力とは?という情報をふりがなをつけて極力わかり易く掲載致します。
  なお、わかりやすくするために、多少内容的に省略や簡略化を行っておりますので厳密には異なる部分もございます。その点はご容赦ください。

三国志とは
 字の示すとおり
 古代中国で国が3つに分かれ成立し滅びるまでの話

架空の話や人物もでてきますが、大筋はほぼ実際の出来事です。
さんごくしの”志”は”史”ではありません。理由は諸説(いろいろ)あるようですが”志”は記録という意味もあるらしいので”三国の歴史 「三国史」”ではなく”三国の記録 「三国志」”となるようです 。
最近では”国”が”國”、”志”も”誌”になって表記されたりします。

  ※古代とは紀元180年代- 280年代頃で、後漢(末期)・三国時代です。
  ※ちなみに、韓国にも三国時代があり、その書が「三国史」です。混同されませんように。

三国志の原本はふたつ
 コアなファンは以下2つの差を強く意識しています。
 物語と歴史書では、厳密な内容が異なります。

 1.物語・小説

   
元(げん)末期(西暦1300年代後半)
    三国志演義(さんごくしえんぎ)
    羅貫中(らかんちゅう)作 

 三国志といえばこちらが一般に語られます。物語です。
 史実を元に物語化されていますので少し脚色・フィクションが強いです。
 そのエンターテイメント性を兼ね備えた出来の良さが人気の秘密です。

 『西遊記』、『水滸伝』、『金瓶梅』(or『紅楼夢』)と共に、中国四大奇書
 の1つと称される名作であり、世界中で訳されて楽しまれています。

 2.歴史書

    
晋(しん)時代(西暦200年代後半)
   「三国志正史(せいし)三国志 とよく呼ばれる)」

     陳寿(ちんじゅ)著 

魏書・呉書・蜀書の3つからなる晋の政府がつくった歴史書。
物語のように事件ごとに話しが書かれておらず、人物ごとに出来事を記述しています。いわば人物辞典。内容は非常に簡素。

同時代の日本の卑弥呼(ひみこ)のことを書いた
”魏志倭人伝”(ぎしわじんでん)[卑弥呼が魏(ぎ)に対して使節団を送った出来事と日本の情報が書かれています]
などはこの中に書かれています。

 その他

三国志演義が書かれる以前の南北朝時代 宋の文帝の指示で
裴松之(はいしょうし)という学者さんが(簡素な)歴史書三国志に
逸話などを盛り込んで”裴松之の注”として作成しました。
その他にも民間伝承の本もいろいろあるようです。

三つの国とは
 
 中国の三国時代(西暦200年前後)のお話です。
 ストーリーのはじめは後漢時代(ごかんじだい)末期から始まります。

 三国時代は
 魏(ぎ)呉(ご)蜀(しょく)
 の三国からなります。
  ちなみにこの頃の日本は弥生時代、
 ヨーロッパではローマ帝国の時代。
魏呉蜀地図

三国の君主とは

【魏】曹操(そうそう)
 冷血だが優秀でかつ有能な部下を登用する。
 日本でいえば織田信長か。

【呉】孫権(そんけん)
 親・兄から受け継いだ国を堅実に経営する。
 日本でいえば北条氏康か。

【蜀】劉備(りゅうび)
 人徳があるため人が集まってくる。
 日本でいえば豊臣秀吉か。
曹操孫権劉備

三国志主人公って?

 ”劉備(りゅうび)が物語では基本的に主人公。
 最近では”曹操(そうそう)”を主人公にした本などもあります。
 劉備が亡くなってからは、軍師(参謀)諸葛孔明(しょかつこうめい)が主役とし
 て活躍します。また、劉備の義兄弟 関羽(かんう)も隠れた主役といえます。

三国志の概略

 ・後漢末期の群雄割拠の中、たくさんの人物が覇を争います。
 ・覇権争いに勝った"曹操"、"孫一族"、そしてもともと
草履売りだった"劉備"が
  最終的に一国の君主となります。国が3つに分かれます。【三国時代到来】
 ・劉備亡き後、諸葛孔明が跡をついで魏(ぎ)と戦う
 ・諸葛孔明亡き後、三国が滅びて新王朝・晋によって中国が統一される

 という物語が三国志演義では非常に大きなスケールで描かれています。

三国志最低限知っておく事

 最低限これらを知っておけば三国志好きの友人と話しが出来ます。

桃園の誓い(とうえんのちかい 桃園結義(とうえんけつぎ)ともいう)

 劉備は、最強に強い張飛(ちょうひ)・関羽(かんう)”という二人と
 桃の花の咲く場所で義兄弟(ぎきょうだい)[血の繋がりはないが意気投合し
 兄弟の誓いを立てること]になります。

 三人は固い絆で結ばれており”生まれたときは違っても死ぬときは同じ”と
 考えていました。

 ちなみに、【関羽】の読みは[せきう]ではありません[かんう]です!!
 この人は文武ともに秀でていて、しかも、非常に仁義にあつかった人物です。
 後の人々は、彼を神様として崇めました。それがいま各地中華街などにある
 関帝廟(かんていびょう)です。魔除けと商売の神様です。

三顧の礼 (さんこのれい)

 劉備は天才戦略家
 ”諸葛孔明
(しょかつこうめい)
 の存在を知り三度足を運んで頼み込み配
 下とします。
 のちに彼は 軍師(ぐんし 参謀)として活
 躍します。

 彼が提唱する
  (てんかさんぶんのけい)
 ”天下三分の計


 [中国を三分割しその一つを取る作戦] 

  を行動方針として劉備は天下を狙います。
画像


赤壁(せきへき)の戦い

画像3

「赤壁」という場所で曹操(魏)の大軍に対して、兵力では劣る劉備・孫権連合軍(蜀&呉)が勝利し、その後、三国にわかれた三国時代を迎えます。 ちなみに、赤壁の戦いは長江(ちょうこう)を挟んだ海戦でした。
 
三国志における戦いの一番の見せ場です。天下分け目の戦いとして、
日本で言えば「関が原の戦い」。
映画「レッドクリフ」はこの戦いを描いています。


中原(ちゅうげん) 【当サイトのドメイン名でもあります】
 
中国の中心地域(中国古代文化の発祥の地、黄河中下流の平原地帯)をいいます。このあたりを制すれば天下を取れると考えられており、紛争のたえない地域でした。三国時代、事実上このあたりは魏の曹操が制していました。


三国志の魅力

   多彩な人間関係とストーリーの楽しさにつきます。

その1
特に人気の秘密は多くの英傑たちが登場する事。
ゲーム化するにしてもキャラクターが多くいろいろと扱いやすいということもあるのだとおもいます。また、英傑たちは長所・短所を皆持ち合わせておりさまざまな性格の人物に感情移入できるのがポイントです。そのあたり日本の戦国時代と共通します。

その2
脚色はあるとしてもほぼ実在の人物と出来事を中心に書かれています。
ここが歴史好きの人をひきつける魅力でもあります。
また何故ずーと長く好きな人が多いかというと、それを読み終わったあと
その後の楽しみ方(人物を調べる・関連遺跡に行ったり調べたりする)も
多数あるということが大きいのだと思われます。
ここが完全オリジナル作品との大きな違いです。

その3
三国志演義という物語が、小説としてよく出来ており奥が深いということ。
ある説では「7割が事実で3割虚構」ともいわれている虚実バランス。
人知を超えるファンタジー要素も含まれていたりもします。
単に歴史書しか存在せず、この小説がなければそこまで人物たちの人気もでなかったことでしょう。

その4
主役の
劉備も 諸葛孔明も、敵役の曹操も、ともに中国統一を成し遂げることができずみな志半ばでなくなっていきます。判官びいきの日本人にも非常に受け入れやすい内容になっています。
それにこの時代の中国は儒教社会で、日本の戦国などとも似ており
他国のお話しとしての違和感が少ないことでしょうか。

その5
他の中国の時代と比べ理不尽な残虐要素が少ない(多少はあります)。
戦争の苦しみや辛さといった部分はあまり出てきません。
お色気シーンも最小限。
エンターテイメントとして楽しめ不快感が少ないので、老若男女からも受け入れられている要素だと思われます。

また、中国はもちろん韓国や台湾やタイなどアジア各地で非常に人気があります。

 日本では江戸時代より庶民の間でたいへん人気がありました。杉田玄白など
 も大の三国志好きでした。荻生徂徠や頼山陽も日本の城や地名を三国志にち
 なんでつけています。
 その前の戦国時代でも織田信長は三国志を知っていましたし、
 その後の明治時代では陸奥宗光、そして文豪の森鴎外・夏目漱石も作品で
 三国志を引用したりしています。

 日本の有名人(英傑達)も『みんな大好き三国志』といえるかもしれませんね。


      ⇒より詳しく武将の事を知るには武将紹介三国志を作る

三国志をより知るには

 
これを知ればあなたも三国志通!
 

小説では 吉川英治 三国志(全8巻)

 その他、柴田錬三郎、陳舜臣、北方謙三 著作などが有名。
 歴史書としての翻訳本などもでています。

漫画では 横山光輝 三国志(全60巻)

 その他、天地を喰らう、蒼天航路 などが有名。
 最近は、脚色が強いものの 覇-LORD- がある。

映像では 映画レッドクリフ、
      ドラマ三国志、
      NHK人形劇三国志
(川本喜八郎氏の人形)、

 新ドラマ三国志の前にあった中国中央電視台の大河ドラマ「三国志」や
 その他、アニメ版”横山光輝三国志”などが有名

 赤壁の戦いを描いた映画「レッドクリフ」2部作と
 趙雲を主役とする映画「三国志」
 そして、関羽を主役とする映画「三国志英傑伝 関羽」
 は日本で公開されました。いまはDVDで楽しめます。

 「レッドクリフ」は呉の司令官 周瑜(しゅうゆ)が主役。トニーレオンが
 演じ、諸葛亮を金城武が演じました。
 映画「三国志」は蜀の将軍 趙雲(ちょううん)を主役でアンディーラウが
 演じました。

ゲームでは

コーエーの三國志シリーズ・真・三國無双シリーズ
セガの三国志大戦 など

任天堂DSでは「横山光輝三国志」の漫画を全て収めたものもあります。
最近では、オンラインや携帯ゲームなどでも大人気。

この他にも、三国志の要素を取り込んで
完全オリジナルの漫画やアニメなどが多数あります。
最近では、携帯電話のゲームなどが盛り上っています。

「三国志」は上記のように日本では江戸時代より庶民に愛され
いろんなメディアに取り込まれ独自の発展を遂げています。
今後も最先端のメディアに取り入れられてどんどん発展していくこと
でしょう。

三国志はいまもなお常に発展進化しているのです。

このページが、三国志の世界への導入となれば幸いです。

英傑群像 岡本伸也 (雑誌歴史人 三国志英傑群像岡本ブログ
 


英傑群像サイト内 関連リンク

 三国志入門            ◎三国志の戦さ入門        ◎三国志の読み方(中級)

 ◎武将紹介             ◎三国志を作る(武将紹介2)   ◎徒然三国志(中級)

 ◎三国志名言・格言・ことわざ  ◎出師の表入門            ◎三国志年表

 ◎英傑群像メールマガジン    ◎三国志ブログ

その他三国志に関する質問は>>掲示板

お問合わせはこちら

三国志情報・三国志グッズ 英傑群像 Copright(C) 2000-2013 英傑群像. All Rights Reserved.
推奨閲覧環境:このホームページはインターネットエクスプローラー4.0以上でご覧になる事をお勧めいたします。
著作権について:サイト内の画像データなどの無断転用を一切禁じます。
英傑群像トップ三国志入門